糖尿病の予防法とは│毎日の食事を見直そう

笑顔の夫婦

制限する際のポイント

料理

糖尿病の食事は、好きなものだけ食べる偏った食事をせず、三食バランスよくきちんと噛んで食べ、アルコールを絶ち甘いものを控えるということが大切です。それを自分自身がきちんと理解して、心がけるようにしてください。

» 詳細を読む

食の見直しで抑える糖の病

笑顔の女性

食事は私たちが毎日行うものであるため、糖尿病の治療の一環として食事による治療はとても重要です。脂質や塩分に気をつけ、バランスのとれた食事を規則正しくゆっくりととることで体内の血糖値の調整が可能となり合併症のリスクも減らすことができます。

» 詳細を読む

食生活で治しましょう

食事

糖尿病には、食事療法が有効的です。一日三食の規則正しい食事をして、栄養バランスの整った献立を考えましょう。長く続けて行くには、ストレスがたまる可能性もありますので、しっかり医師と相談しながら無理のないように続けましょう。

» 詳細を読む

現代病の一種

親子

高血糖が続く原因

糖尿病とは、血糖値が継続的に高い状態の事です。食事をすることで、体内に血糖という身体を動かす為に必要なエネルギーが蓄えられます。そのエネルギーを効率よく、全身に広げる為にインシュリンというホルモンがエネルギー転換をおこないます。インシュリン自体は、膵臓から分泌されるホルモンの一種です。そして、血糖をエネルギーに転換できる唯一のホルモンともいえます。糖尿病になるとインシュリンの働きが弱くなったり、エネルギーに転換する機能が衰えてしまいます。次第に分解されない血糖が体内に増えてしまい、これが糖尿病として様々な合併症を引き起こしていきます。合併症の怖さが周知されないままでは、改善の必要性が伝わりにくいと考えられます。予後予測を踏まえ、挑戦しやすく、継続しやすい改善方法を今後はお勧めします。一番挑戦しやすいのが食事療法でしょう。

食べ物への関心を高めよう

糖尿病の原因は、食べ過ぎや食事の時間がバラバラ等、規則正しい食事が行えていない事が一因と考えられます。ワークライフが多様化している事が原因と考えられますが、1日の時間帯によってはインシュリンが分泌される膵臓の働きが変わってきます。特に膵臓の働きが良いのは午前中からお昼にかけてです。午後からは膵臓の働きは弱くなるため、インシュリンの分泌量も減ってしまいます。出来る限り、夕方以降に脂っこいものや、大量に食事をすることは控えた方がいいです。どうしても夜のお付き合いや、仕事の関係で夜にまとまった食事をする場合は、カロリーや塩分が控えめの御弁当等を選んでください。最近のコンビニでは健康志向のお弁当も取り扱っているので、普段から食事内容に意識する事が糖尿病の予防と言えます。

Copyright© 2016 糖尿病の予防法とは│毎日の食事を見直そう All Rights Reserved.