糖尿病の予防法とは│毎日の食事を見直そう

夫婦

制限する際のポイント

料理

食べ方と食べる量

糖尿病の食事の食事制限は、カロリーを抑えるために、塩や砂糖、油などを少なくする必要がありますが、決して食べてはいけないわけではありません。量は減らさなければなりませんが、絶ってしまう必要はなく、控えるようにするということが大切なのです。勘違いされることが多いですが、ブドウ糖のもととなる白いごはんも、食べてはいけないわけではないのです。また、糖尿病の食事の際の食べ方として知っておくと良いのは、食べるスピードと順番です。食べるスピードは、意識しながらゆっくりとよく噛むことが大切です。早食いしてしまうと、脳が満腹感を感じる事ができず、食べ過ぎてしまうので、よく噛むように心がけてください。食べる順番については、まずは血糖値の上がりにくいサラダなど食物繊維が豊富なもの、次に肉や魚などのたんぱく質、血糖値の上がりやすい炭水化物を最後に食べるようにするの良いです。こうすることでいろんな味を楽しみつつ、血糖値急激に上がりすぎないようにコントロールすることができます。

バランスよくが大切

誤解しないようにしたい点もあります。それは、糖尿病の食事制限で大切なのは、何か特別な物を食べたりしなければならないだとか、炭水化物や特定のものを食べてはいけないということではないという点です。糖尿病の食事制限で重要なのは、全体的にバランスの良い食事を三食きちんと食べて、カロリーや血糖値をコントロールしていくことです。しかし、、お酒には要注意です。他の飲食物と違い、お酒は必ず絶たなければなりません。お酒は糖尿病の薬との相性も悪く、副作用をおこしてしまったりするため、必ず禁酒するよう心がけてください。

Copyright© 2016 糖尿病の予防法とは│毎日の食事を見直そう All Rights Reserved.